クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)

Yoga of Life
クリパルヨガ関連ニュース

ショップ

クリパルヨガDVD〜制作の裏話#2

著名なヨガスタイルでもない。メディア媒体を背景に抱えているわけでもいない。いくらヨガ教師とは言え、カメラの前に立てば、どうしても緊張してしまう素人の仲間。有名なモデルを起用することなく、撮影に疎い素人の教師たちが行うヨガを、DVDとしてどこまで観るに値する状態に高めていけるか、ということも大きなテーマでした。そのために、最初からパケージのデザインとタイトル名はプロに任せて、器はだけでもまずは整えました。

ここからいよいよ、DVDの中味です。

クリパルヨガで大切にしたいのは、自分の中にある可能性や希望、力強さや自信だけではありません。誰もがもっている心の不安や未知への畏敬の念だったり、やるせなさや刹那さ。悲しみや苦しみ、戸惑いや憧れ苛立や恐怖心だったりします。明るく力強いエネルギーの表現は、比較的簡単かもしれませんが、むしろ難しいのは人間の抱く複雑な心のあり方です。一般的には、影に押しやられてしまう繊細で受け止めにくい心のあり方を、そのままに、あるがままに感じたり表現してもいい雰囲気をDVDで出したい。

ポーズの形ばかりでなく、むしろ、全体のプラーナ・エネルギーの流れです。それぞれのポースから醸し出されるエネルギーであったり、ポーズをとるために体を動かしている教師から表現されるエネルギーをどうしたらDVDで一般の人々に伝えられるかです。

撮影と粗編集が終わり、自分がインストラクションを録音する段階で感じたのは、もう自分はその撮影の現場にいないという現実でした。いつものクラスなら、自分と生徒とのエネルギーの交わりの中から言葉や抑揚が生じてくるのですが、映像を見ながら、それに合わせながらインストラクションを録音する時には、いつもあるライブ感に欠けていました。

「出来上がった映像に言葉だけのインストラクションだけでは、クリパルヨガが表現しようとしているエネルギーを表現することは難しい」と感じました。そこでコーディネーターに相談して、急遽、プロに音楽を作ってもらうことにしたのです。とは言っても、音楽にもピンからキリまであります。限られた予算と時間の中で、果たして、自分がイメージするような音楽を作ってもらえるだろうか?

そんな不安を抱きながらも、紹介してくれたのが、日本においてスノーボード・サーフィンを筆頭に、数々のスポーツシーンにおいてトランス・クラブミュージックを導入、浸透させた第一人者である Chatanix (茶谷氏)でした。彼がこのヨガDVDの音楽作りにかなり強い興味と情熱を持ってくれたことは、サンプル音楽を、1〜2日のうちに作ってしまったことで分かりました。

最初の印象は、癒し系のBGMくらいにしか聞こえなかったのですが、何度か聴いていくうちに、かなり細かいところまで、映像に合わせてメロディーやリズム、テンポを変えて表現してくれていることに気づきました。何よりも、プレゼンで会った時に、こちらの希望と意図を聴き取り、それに合わせた作品作りをしようという真摯な姿勢に信頼を感じました。

最初から分かり易く、気に入ったのは、エネルギーを高めていくヴィラバドラ1〜女神シリーズやヴィラバドラ2、そして、セツバンダアーサナ〜アルダ・サルバンガ・アーサナ(半肩立ち)で流れる力強い曲でした。チャプター2でエネルギーを高めた後に続くスター・ゲイザー〜鶴のポーズ(バラキカ・アーサナ)は、心の微細な揺れ動きを感じやすい空間です。光から影への変化を求めた箇所で、ある意味、このDVDの中で一番こだわった部分です。曲のテンポが変わって「アレ!」と感じる人もいるかと思います。

そして、最後のエンディングで使われるゆったりと流れるピッタリでした。妻は、この曲を聴いて泣いてましたが、自分も何度聞いても心が優しさで包まれます。

クリパルヨガDVD〜制作の裏話#1







クリパルヨガDVD〜制作の裏話

今回制作したクリパルヨガDVDは、何と言っても日本で最初のクリパルヨガの作品。まずは、クリパルヨガを日本の人にどう知ってもらうか?そのためには、どのようなイメージを持ってもらうか、何がクリパルの伝えたいことなのか?たくさんのヨガ関連の書籍やDVDが出ている中で、そのどれでもないクリパルヨガのイメージを言葉で表現するには、どういう言葉が要るのか?これが大きなテーマでした。

そこで、まずは、パッケージのデザインからタイトルの言葉までをプロにお願いしました。クリパルヨガを実践している私たちには、わからないクリパルヨガの見え方は第三者からの視点でどう映るのだろう?それをクリエイトしてくれたのが、ナイキ、森ビル、TAKATA、KUMON、スターバックスなどをアートディレクターとして担当してきたオーイェルの井上広一氏です。口数は少ない、それでいてきちんとこちらの意図を組んでいるセンスの良さはさすがという感じ。井上氏の掲載記事はこちら

そして、コピーライターは、彼の親友で「サッポロビール」「ナイキ」「P&G」などの広告コピーを生み出したエノケンこと榎本賢治氏です。

「あるがままのヨガ」〜クリパルという、もう一つのヨガ。〜

こんなあたりまえ過ぎるくらいあたりまえなタイトルを聞いて、「えっ!」と思わせる、その奇抜さが、ある意味、このクリパルヨガの精神にぴったりだと思いました。

いわゆる流行りものではなく、暮らしの中に長い年月をかけて取り入れていけそうなヨガ。それをすることで結果が出なくては意味がないのではなく、今、このままの自分でもそのまま楽しんでいられる。そのためには、規律よりも自由が必要。そんな自由を、広い空間と空の色、そして、文字だけのデザインでシンプルに表現してくれました。

あたりまえであること、自由でシンブルであること。第三者のプロから観たクリパルに対する理解は、見事に当たっていました。(三浦徒志郎)

クリパルヨガDVD〜制作の裏話#2

『あるがままのヨガ』〜クリパルという、もう一つのヨガ。〜   DVD8月8日発売予定

kydvd6人のクリパルヨガ教師によるクリパルヨガ初のDVDが完成しました。「モデルのような体に自分もならなくては」と感じることなく、まずは、自分の内面で起きていることに注意を向け、自分だけのユニークな存在に気づき、自信を持って練習ができるようになることを願って作りました。
・DVDの詳細はこちらをご覧ください。


・只今、Amazon.co.jpにて販売中。
・定価3,800円(国内配送料無料)
販売代理店募集クリパル・ジャパンに直接お問い合わせください。
クリパルヨガDVD〜制作の裏話

『あるがままのヨガ』〜クリパルという、もう一つのヨガ。〜   DVD8月8日発売予定

kydvd
「クリパルヨガ関連のDVDや本はありませんか?」そんな質問を受けるたびに何もないことをお詫びするだけでしたが、ようやく、この夏に最初のDVDが完成することとなりました。DVDを作るなら絶対にこういうものにしたいという長年のこだわりを込めていますので、楽しみにしていてください。

・只今、Amazon.co.jpにて販売中
販売代理店募集クリパル・ジャパンに直接お問い合わせください。
クリパルヨガDVD〜制作の裏話

チャプター1 聖なる火(Pratapana)

DVD01呼吸を調え、ゆったりとした体の動きによって全身の関節、筋肉を温めながらほぐし、今日の体調を探るように動かす一連のシリーズは、心を内面に向けプラーナを活性化させることで、さらに続く2章〜3章の練習を深めてくれます。


チャプター2 女神シリーズ(Goddess)

DVD02重心を下げ土台を安定させるポーズから、体を横に大きく開いたり、バランスを取るポーズまで。先を急ぐことよりも、今、ここで肉体に起きているリアリティに留まる力強さや勇気、そして、やさしさを育む女神のシリーズです。


チャプター3 蘇生(Revival)

DVD03前半は、通常、体の一番上におかれる頭が幾度も下げられます。さらに、上半身と下半身を逆さまにするポーズの連続で、プラーナが活性化され、全身の細胞が蘇ります。最後に魚のポーズで大きく開かれたハートの中で、蘇生され安らぎを取り戻した自己を見出すでしょう。


このDVDへのこだわり

1、現場のクリパルヨガ教師が撮影チームに参加

これはとても大切なことだと思っています。海外のヨガDVDでは、モデルを使うことはほとんどありません。教えている教師自身が出てきます。それは、ある意味、あたり前のことであり、自然なことです。そして、生徒に対しても真摯でリアルな姿勢だと思います。このDVDの制作には、クリパルが大好きで続けている本物のクリパルヨガ教師に出てもらいました。

2、形よりもプラーナを表現

形だけでヨガをする時と、内面のプラーナ・エネルギーを感じながらする時では、見ていても明らかに違いが分かるものです。このDVDでは、アーサナの形だけを習う、いわゆるお手本として終わることにならないように、アーサナをしている人たちから醸し出される、それぞれの違ったエネルギーが伝わるようにしました。

3、6人のモデル教師〜各自に合わせた動きの発見〜

6人のクリパルヨガ教師が順番に3人ずつ出ることで、それぞれの違った体型や個々の個性をあえて表現できるようにしました。3人が同時にまったく同じ動きをするのではなく、同じ動きであっても、動きの大きさやテンポやリズムなどは、各自の呼吸や体に合わせて自由に行っています。なぜなら、個々が自分の体に合わせた動きを発見していくことにこそ、クリパルヨガをすることの意味があるからです。また、視聴者が「モデルのような体に自分もならなくては」と思うのではなく、まずは、自分の内面で起きていることに注意を向け、自分だけのユニークな存在に気づき、自信を持ってもらえたらと願います。それによって、あるがままの自分をしっかりと受け止める体験に繋がっていくでしょう。

4、自分の意識を内面に向けることで、自分の体験を深めるタイプのヨガDVD

アーサナをしながら体の中や心の中に意識を楽に向けられるようなインストラクションを使っています。呼吸や感覚に何度も注意を向けるように誘導しているのは、それによって、自分の中で起きている体験から意識が離れないようにするためです。これによって、心が内面に集中して落ち着きを取り戻してくるでしょう。


これらの観点から収録したこのDVDでは、これからヨガを始めたいという初心者にとっては気負わずにリラックスしてできるものであり、体験者にとっても、今までのヨガの体験をさらに深めることのできるものになっています。

クリパルヨガは、「自分にあったヨガ」や「自分自身を理解するためのヨガ」といったアプローチをヨガに求めている人の期待に答えられるヨガです。なぜなら、クリパルが大切にしているのは、本人の内面から湧いてくる「あるがままの自己」を探求することにあるからです。

このクリパルヨガの練習をしていると、いずれ、アーサナによって心身の緊張が解れるだけでなく、落ち着いて研ぎすまされた心の中から、今の自分にとって必要な洞察やインスピレーションが湧いてくる体験へと広がっていくことでしょう。そのような内面からのメッセージに耳を傾け毎日の生き方に生かし始める時、ヨガは誰かから教えてもらうものではなく、自分自身の中から湧いてくるものとなるでしょう。(三浦徒志郎)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
DVDの内容

チャプター1:  聖なる火(Pratapana)

1、自然呼吸
2、完全呼吸(ディルガ・プラーナヤーマ)
3、太陽の呼吸(サン・ブレス)
4、サイド・ストレッチ
5、ヒップ・ツィスト
6、骨盤の回転
7、ガルバ・アーサナ(子供のポーズ)
8、ラウンジ・シリーズ 
9、レッグ・ストレッチ
10、操り人形
11、喜びの呼吸(ブレス・オブ・ジョイ)

チャプター2 :  女神シリーズ(Goddess)

1、山のポーズ(タダ・アーサナ) 
2、中腰のポーズ(ウトカタ・アーサナ) 
3、戦士のポーズ1(ヴィラバドラ1) 
4、女神シリーズ 
5、戦士のポーズ2(ヴィラバドラ2) 
6、三日月のポーズ 
7、三角のポーズ(トリコン・アーサナ) 
8、スター・ゲイザー
9、鶴のポーズ(バラキカ・アーサナ)
10、山のポーズ(タダ・アーサナ) 

チャプター3:  蘇生(Revival)

1、ヨガムドラ・シリーズ
2、立位前屈(ウッタナ・アーサナ) 
3、犬のポーズ(アド・ムカ・シュヴァナ・アーサナ)
4、半円のポーズ(アルダ・マンダラ・アーサナ)
5、ねじりのポーズ(マツェンドラ・アーサナ) 
6、橋のポーズ(セツ・バンダ・アーサナ) 
7、半肩立ち(アルダ・サルヴァンガ・アーサナ) 
8、魚のポーズ(マツヤ・アーサナ)
9、仰向けでねじるポーズ(スプタ・マツェンドラ・アーサナ) 
10、シャバ・アーサナ(リラクセーション)  

ヨガ、ボディワークに関連した商品

ヨガ、ボディワークに関連した商品の中から、私自身を含め、多くの方に長年愛用されてきたお勧めの商品のみを扱っています。詳細は左カテゴリーの「ショップ」でご覧ください。(三浦徒志郎)

ご注文に際しては、以下の情報をお知らせ下さい。
電話03-3780-6002、または、studio@kripalu.jp にてご連絡ください。

・商品名(数量)
・お届け先の郵便番号/住所
・電話番号
・名前
・メールアドレス
・必要であれば商品の着時間指定

折り返し、こちらから以下の事項をお知らせします。

・ご注文内容の確認
・送料を含めた合計金額
・代金のお振り込み先口座

送料を含めた合計金額をお振り込み下さい。ご入金が確認でき次第、速やかに商品を発送いたします。

タングクリーナー (ステンレス製)

t.cleaner
舌の掃除をするという衛生習慣は、インドをはじめ、昔からいろいろな民族で行われてきました。舌にたまる舌苔は、そのままにしておくと1週間に10倍ものバイキンが繁殖するといわれ、虫歯の発生につながるばかりでなく口臭の原因にもなります。毎日、朝晩歯を磨く習慣の中に、この舌の手入れも入れてみてはどうでしょうか。1回の手入れに数秒あれば子供でも簡単に使えます。

使用方法:両手で、タングクリーナーの両端を持ち静かに舌の上を、奥の方から舌先に向けて数回こすります。クリーナーに付着した舌苔は、水できれいに洗い流してください。

・定価:800円→10本以上の注文で30%割引き!

*1980年ヨガを教え始めた頃は、舌を掃除する器具なんてどこにも売ってませんでした。米国クリパルヨガ・センターで入手したタングクリーナーを生徒に紹介したくて,小田原の板金業者に頼み特別に作ってもらったのが始まりです。今でも,その当時のデザインとステンレスで仕上げてあり,私が今でも毎日使っているものはその当時に作ってもらったものです。(三浦徒志郎)

フッツィー

foot
おなじみのフットマッサージです。足の裏を圧してコリをやわらげます。
定価:2,400円
  • ライブドアブログ