クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)

Yoga of Life
クリパルヨガ関連ニュース

メディア関連

ecocolo No.12

ecocoloecocolo No.12 (2/20発売)に連載のヒカル・ブルントランの「東京ヨガジプシー」で銀座MUKU STUDIOのシバナンダヨガのクラス風景が紹介されています。共にシバナンダヨガ教師のふわまきことヒカルさんとの熱い対談を行なっています。

Yogini(ヨギーニ) Vol.10 で紹介されています。

yogini_vol.102006年12月16日発売のYogini(ヨギーニ) Vol.10 の特集は「ポーズは美しくなるための瞑想だ! 」です。「クリパルヨガのエッジ。その端がもたらすもの 」という内容でクリパルヨガのステージ2段階にあたる大切な概念「エッジ」が紹介されています。その先にあるのがステージ3の瞑想です。興味のある方はぜひご一読ください。

「Rumina vol.8」にパートナーヨガが紹介されました。

rumina
11月1日発売の角川クロスメディア「ルミーナ vol.8」(ChouChou(シュシュ)の別冊)でパートナーヨガが特集され、その監修をさせていただきました。。今回は夫婦ばかりでなく親子でも楽しめるように「ふたりヨガ」と名付けたDVD付きです。定価600円

WEBマガジン「アーバンアスリート」にもパートナーヨガ!

partner_yoga_
「ライフスタイルにもっとスポーツを!」をキーワードに都市生活者に向けて発信するWEBマガジン「アーバンアスリート」でパートナーヨガの監修をさせていただきました。パートナーヨガという名称でヨガが少しづつ一般の人やパートナー同士の間にも広まってきたということでしょう。パートナーヨガへの取材はまだまだ続きそうです。

YOGA ROOMでクリパルヨガが紹介されました。

ken
ヨガのポータルサイトYOGA ROOM の中で松村憲のクリパルヨガ「ビギナー」が紹介されました。詳細はこちら をご覧ください。

Bella!きれいなからだVol.6

Bella!
『レタスクラブ』の臨時増刊号「Bella!きれいなからだVol.6」(2006年09月04日発売)でAll about Yogaとして当スタジオも紹介されています。

「エココロ」No.4で「ヨガセラピー」が紹介されています。

ecocolo
雑誌「エココロ」No.4(5月20日発売)で「ヨガセラピー」の個人セッション体験記が紹介されます。インドから西洋に渡ったヨガが、欧米文化の中で心理療法の影響を受けて生まれた「フェニックス・ライジング・ヨガセラピー」は,まさに東洋と西洋の精神文化の架け橋のようなもの。肉体と精神の密接な相関関係、クライアントの自力による内面的洞察とプラクティショナーのサポートに委ねることによる解放などを、すっぽりと上手に丸め込んだ「フェニックス・ライジング・ヨガセラピー」の流れは、個の自立とそれを超えた大きなものとの調和といったテーマをとてもバランスよく組み込んでいると思います。セラピーばかりでなくボディワークのこれからの方向性が示されているような気がします。(三浦徒志郎)

BSフジの「Shall we?」でパートナーヨガ編が放送されます。

Shall we?
4月30日(日)にムクヨガスタジオで開催された大人気のパートナーヨガが、BSフジの「Shall we?LOHASな夫婦」という番組で紹介されます。陶芸、パン、ハーブなど夫婦で一緒に楽しめることを提案していく番組の第4回目のテーマは「ヨガ」。パートナーヨガの現場やポーズの紹介、自宅で出来る簡単なヨガの紹介などをお伝えする予定です。放映予定日時は下記のとおりです。
=BSフジの「Shall we?」 パートナーヨガ編放送予定日=
5月19日(金)20:00-20:55
5月20日(土)10:00〜10:55(再放送)
5月23日(火)16:00〜16:55(再放送)
5月26日(金)20:00-20:55(再放送)
5月27日(土)10:00-10:55(再放送)
5月30日(火)16:00-16:55(再放送)

ChouChou(シュシュ)5月15日号に掲載されました

chouchou
女性情報誌「ChouChou(シュシュ)」(4月28日発売)に「ココロもカラダも『ゆる』エクササイズ」にクリパル・ヨガスタジオが紹介されています。
ChouChou公式サイト

月刊宝島に掲載されています。

takarajima
月刊宝島6月号(4月25日発売)でコアマッスルである赤筋を鍛えるのにヨガがよいという記事が紹介されています。
赤筋は持久カに優れていて疲労しにくく、白筋は疲労しやすいのですが瞬発力に優れています。この赤筋と白筋では収縮するための工ネルギー源が異なり、赤筋は脂肪を、白筋は主に糖質から生み出されるグリコーゲンを使います。 そのため、脂肪を燃やすには、赤筋が発達した方が効果的なのだそうです。ヨガのように比較的軽めの負荷で、ゆっくりと繰り返す運動は赤筋を鍛えるのに最適だそうです。宝島6月号では、男性にも参加しやすく、ヨガを始めるきっかけになりやすい「パートナーヨガ」が紹介されています。(三浦徒志郎)
  • ライブドアブログ