クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)

Yoga of Life
クリパルヨガ関連ニュース

クリパルヨガDVD〜制作の裏話#2

著名なヨガスタイルでもない。メディア媒体を背景に抱えているわけでもいない。いくらヨガ教師とは言え、カメラの前に立てば、どうしても緊張してしまう素人の仲間。有名なモデルを起用することなく、撮影に疎い素人の教師たちが行うヨガを、DVDとしてどこまで観るに値する状態に高めていけるか、ということも大きなテーマでした。そのために、最初からパケージのデザインとタイトル名はプロに任せて、器はだけでもまずは整えました。

ここからいよいよ、DVDの中味です。

クリパルヨガで大切にしたいのは、自分の中にある可能性や希望、力強さや自信だけではありません。誰もがもっている心の不安や未知への畏敬の念だったり、やるせなさや刹那さ。悲しみや苦しみ、戸惑いや憧れ、苛立や恐怖心だったりします。明るく力強いエネルギーの表現は、比較的簡単かもしれませんが、むしろ難しいのは人間の抱く複雑な心のあり方です。一般的には、影に押しやられてしまう繊細で受け止めにくい心のあり方を、そのままに、あるがままに感じたり表現してもいい雰囲気をDVDで出したい。

ポーズの形ばかりでなく、むしろ、全体のプラーナ・エネルギーの流れです。それぞれのポースから醸し出されるエネルギーであったり、ポーズをとるために体を動かしている教師から表現されるエネルギーをどうしたらDVDで一般の人々に伝えられるかです。

撮影と粗編集が終わり、自分がインストラクションを録音する段階で感じたのは、もう自分はその撮影の現場にいないという現実でした。いつものクラスなら、自分と生徒とのエネルギーの交わりの中から言葉や抑揚が生じてくるのですが、映像を見ながら、それに合わせながらインストラクションを録音する時には、いつもあるライブ感に欠けていました。

「出来上がった映像に言葉だけのインストラクションだけでは、クリパルヨガが表現しようとしているエネルギーを表現することは難しい」と感じました。そこでコーディネーターに相談して、急遽、プロに音楽を作ってもらうことにしたのです。とは言っても、音楽にもピンからキリまであります。限られた予算と時間の中で、果たして、自分がイメージするような音楽を作ってもらえるだろうか?

そんな不安を抱きながらも、紹介してくれたのが、日本においてスノーボード・サーフィンを筆頭に、数々のスポーツシーンにおいてトランス・クラブミュージックを導入、浸透させた第一人者である Chatanix (茶谷氏)でした。彼がこのヨガDVDの音楽作りにかなり強い興味と情熱を持ってくれたことは、サンプル音楽を、1〜2日のうちに作ってしまったことで分かりました。

最初の印象は、癒し系のBGMくらいにしか聞こえなかったのですが、何度か聴いていくうちに、かなり細かいところまで、映像に合わせてメロディーやリズム、テンポを変えて表現してくれていることに気づきました。何よりも、プレゼンで会った時に、こちらの希望と意図を聴き取り、それに合わせた作品作りをしようという真摯な姿勢に信頼を感じました。

最初から分かり易く、気に入ったのは、エネルギーを高めていくヴィラバドラ1〜女神シリーズやヴィラバドラ2、そして、セツバンダアーサナ〜アルダ・サルバンガ・アーサナ(半肩立ち)で流れる力強い曲でした。チャプター2でエネルギーを高めた後に続くスター・ゲイザー〜鶴のポーズ(バラキカ・アーサナ)は、心の微細な揺れ動きを感じやすい空間です。光から影への変化を求めた箇所で、ある意味、このDVDの中で一番こだわった部分です。曲のテンポが変わって「アレ!」と感じる人もいるかと思います。

そして、最後のエンディングで使われるゆったりと流れる曲はピッタリでした。妻は、この曲を聴いて泣いてましたが、自分も何度聞いても心が優しさで包まれます。

クリパルヨガDVD〜制作の裏話#1







クリパルヨガDVD〜制作の裏話

今回制作したクリパルヨガDVDは、何と言っても日本で最初のクリパルヨガの作品。まずは、クリパルヨガを日本の人にどう知ってもらうか?そのためには、どのようなイメージを持ってもらうか、何がクリパルの伝えたいことなのか?たくさんのヨガ関連の書籍やDVDが出ている中で、そのどれでもないクリパルヨガのイメージを言葉で表現するには、どういう言葉が要るのか?これが大きなテーマでした。

そこで、まずは、パッケージのデザインからタイトルの言葉までをプロにお願いしました。クリパルヨガを実践している私たちにはわからないことがあります。クリパルヨガの見え方は第三者からの視点でどう映るのだろう?それをクリエイトしてくれたのが、ナイキ、森ビル、TAKATA、KUMON、スターバックスなどをアートディレクターとして担当してきたオーイェルの井上広一氏です。口数は少ない、それでいてきちんとこちらの意図を組んでいるセンスの良さはさすがという感じ。井上氏の掲載記事はこちら

そして、コピーライターは、彼の親友で「サッポロビール」「ナイキ」「P&G」などの広告コピーを生み出したエノケンこと榎本賢治氏です。

「あるがままのヨガ」〜クリパルという、もう一つのヨガ。〜

こんなあたりまえなタイトルを聞いて、「えっ!」と思わせる、その奇抜さが、ある意味、このクリパルヨガの精神にあっているかと思いました。

いわゆる流行りものではなく、暮らしの中に長い年月をかけて取り入れていけそうなヨガ。それをすることで結果が出なくては意味がないのではなく、今、このままの自分でもそのまま楽しんでいられる。そのためには、規律よりも自由が必要。そんな自由を、広い空間と空の色、そして、文字だけのデザインでシンプルに表現してくれました。

あたりまえであること、自由でシンブルであること。第三者のプロから観たクリパルに対する理解は、結構当たっていました。(三浦徒志郎)

クリパルヨガDVD〜制作の裏話#2

「クリパルヨガ」ワークショップ in 福岡

Toshi_090920福岡でも大阪ワークショップの前日に同様のプログラムが開催されます。Yoga of LifeでYTTを卒業し福岡で活躍する平野友喜さんがオーガナイズしてくれました。九州、特に福岡は10代の多感な時に訪ね貴重な経験をさせてもらった記憶があります。その地に招かれクリパルヨガを紹介できる機会をいただけることはとても幸せです。たくさんのヨガ愛好家とお目にかかれることを楽しみにしています。

日時:2009年9月26日(土)
   第一部 (13:00-15:00)
   第二部 (15:30-18:30)
会場:天神一丁目レンタルスタジオ
   福岡市中央区天神1丁目15-25昭和通り橋口ビル1階
主催/申込先:平野友喜
*詳細は、こちらの告知案内をご覧ください。

よくわかる!ちょこっとヨガ講座

「クリパル・エクスプレス」Vol. 34(2009.8.1発行)より

現実は「今」起きている。その現実と繋がるには、自分が「今」にいる必要がある。しかし、それができないのは、注意散漫で「今」に集中できない心のあり方が妨げになっているからだ。

「今」に心を集中させること。これがヨガで最初にしようとしていること。体を動かし、ほぐし、エネルギーを流す。時には大きく、時には小さく。呼吸の流れる場所を限定し、量を変え、均等にする。時には速く、時にはゆっくりと。これらすべてのヨガの行法は、「今」に心を集中させるツールだ。(この具体的な話はいずれ取り上げる予定。)

しかし、それらの行法やツールをどんなによく知り、使えるようにしても、心が集中しないときがある。小手先のツールよりも大切で必要なことがある。それは、心の態度、つまり、心構えのこと。
続きを読む

「クリパルヨガ」ワークショップ in 大阪

osaka_studioいつもお世話になっているTYGの皆さんの招待で、9月27日(日)に大阪でワークショップを行うことになりました。当日の会場は、TOKYOYOGA大阪で別のWSで使われているため、わざわざ素敵な会場を探していただきました。

前回、1月のWSで関西の人たちの感触が少しつかめたので、今度は、丸一日を午前と午後の2セッションに分けて行うスケジュールにしました。どちらかだけのセッション参加でも結構です。クリパルヨガに興味のある方、ぜひ、この機会にご参加ください。皆さんとご一緒できるのを楽しみにしています。

日時:2009年9月27日(日)
   セッション1(10:00-12:00)
   セッション2(13:00-16:30)
会場:大阪市立難波市民学習センター「スタジオ」
主催/申込先:TYG

*詳細は、TYGの告知案内をご覧ください。


『あるがままのヨガ』〜クリパルという、もう一つのヨガ。〜   DVD8月8日発売予定

kydvd6人のクリパルヨガ教師によるクリパルヨガ初のDVDが完成しました。「モデルのような体に自分もならなくては」と感じることなく、まずは、自分の内面で起きていることに注意を向け、自分だけのユニークな存在に気づき、自信を持って練習ができるようになることを願って作りました。
・DVDの詳細はこちらをご覧ください。


・只今、Amazon.co.jpにて販売中。
・定価3,800円(国内配送料無料)
販売代理店募集クリパル・ジャパンに直接お問い合わせください。
クリパルヨガDVD〜制作の裏話

2009 マクロビオティック カンファレンス

048_09
9月20日(日)〜9月23日(水・祝)の間、八ケ岳南麓のリゾート、山梨県小淵沢で今年も 「マクロビオティック カンファレンス」が開催されます。

このカンファレンスに、三浦徒志郎が以下の日程で参加します。今年は、朝のエクササイズとしてのヨガだけでなく、2時間10分の枠で行う特別クラスも担当させていただきます。いつものように妻の三浦まきこもアシスタントとして参加します。

9/21(月)「ふたりヨガ」7:30-8:30
2人1組で行う「ふたりヨガ」は、1人で行う以上に伸ばされたり開かれたりするばかりか、2人の気を合わせることでとてもいい交流になります。相手を確認しながら支え合うこと、ゆだね合うこと、そして自分のコントロールを手放して信頼し合うこと、etc。それらすべての要素は、日常での「調和のとれた関係」にも必要不可欠のものばかりです。
ふたりヨガは体も心もたっぷり緩めてリラックスできるだけでなく、相手とのコミュニケーションを深めるとても楽しい時間です。

9/21(月)「 体と心で探る陰陽バランス 」10:30-12:40
誰にでも易しくできる体の動きやヨガのポーズの中でたっぷりと深い呼吸をすることで、力の入れ方、抜き方のコツを習っていきます。力を入れることは体や心の集中力や緊張を作りだす陽性のエネルギーを強くしますが、無意識下でそれが強く抜けなくなるとストレスとなり心身に負担になります。ストレスの多い現代社会の中では、呼吸や重力に委ね、力を抜き、リラックスする陰性のエネルギーを意図的に起こすことで、気持ちもゆったりとし、バランスを調えることにも繋がります。心身のバランスを保つのに、ヨガの力を試してみてください。
どんな食べ物をどのくらい、どのようにして食べるかというのは、とても主体的な選択ですが、それと同時に、今の心や体の状態に注意を向けてあげると、また、何か違った見え方があるかもしれません。

9/22(火)「クリパルヨガ」7:30-8:30  
インドのヨギ、スワミ・クリパル師の教えに基づいて、'60年代からアメリカで広がったヨガ。「誰でも安全にできる」「深い哲学を分かり易く説明する」ことなどが特徴。
また、完成されたポーズを目指すことよりも、内面で起きる「あるがまま」を受け入れることを大切にする。そのため、自分を理解し、人との関係を改善するなどセラピー的な要素があり、体だけでなく、心を大切にした暮らしを模索する人に、静かな支持を広めている。ポーズを極めることを目的としたヨガではなく、老若男女、誰にでも安心してできます。

YOGA fest YOKOHAMA 2009 開催!

ヨガフェスタ

9/20(日)- 22(火)に横浜でYOGA fest YOKOHAMA 2008が開催されます。Yoga of Lifeからは、三浦徒志郎が講師として以下の2クラスを担当します。ぜひ、ご参加ください。

9/20(日)
・「クリパルというあるがままのヨガ」15:30-17:00
クンダリーニやタントラの伝統に基づいて米国で広がったヨガ。アーサナの中で、呼吸や感覚への瞑想意識が高まり、内面で起きていることを「あるがまま」に受け入れるので、自分自身や他者との関係性を改善するセラピー的な要素がある。

・「クリパル・ティーチング・メソッド」17:30-19:00
生徒の個性を尊重して、彼ら自身の気づきによって学びを深?めていくには、生徒が安心して自分自身を探求できる空間を提供する?ことです。ヨガ教師として参考になる、「寄り添う」とか「共にいる」というクリパルの指導エッセンスを学びます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

YACJapan昨年11月に、横浜で行われたヨガエイドの活動が、今年は、ヨガフェスタのイベント&ブースエリアにて実施されることになりました。今回は、私は都合で参加できませんが、多くの方の参加を心より願っています。
(三浦徒志郎)

参加費などの詳細はこちらをご覧ください。

ヨガエイドリンク link_aid

ヨガエイドとは・・
オーストラリア在住のYOGAを愛好する夫婦によって2007年に設立されたヨガエイドは、世界中のヨガコミュニティにGiving for Livingのコンセプトを紹介する非営利活動団体です。世界のヨガコミュニティへの支持と協力を得ることで、これまでに3500人の参加者から約4200万円以上の寄付を集め(2009年6月現在)、その全てを慈善団体へと寄付しています。2008年に初上陸した日本では、約300名の参加により100万円が集まりました。

Toshiのつぶやき

アメリカのクリパルセンターでは、クラスが終わると、教師と生徒ばかりでなく、生徒同士も互いにアイ・コンタクトをしながら、「ジャイ・バグワン」と挨拶する。ジャイ・バグワンとは、「あなたの内に宿る神性なるものに敬意を表します。」という意味だ。

時には照れくさかったり、わざとらしく感じることがあっても、やさしい笑顔でアイ・コンタクトをされると、そんな否定的で強張っていた自分の心が和らいでくる。
続きを読む

よくわかる!ちょこっとヨガ講座

「クリパル・エクスプレス」Vol. 32(2009.7.1発行)より

ヨガという言葉の意味でもあり目的でもある「結合」とは、つまり繋がるということで、そのために、まず、自分が「今」にいる必要がある。なぜなら、すべての現実は「今」に存在しているからだという話をした。

ところが、現実はこれがなかなか難しい。本来、すべてのものは有機的に繋がっていながら、それを実感できないでいる。ヨガでは、この世界で人間が体験することはすべてマーヤ(幻影)だという。それほどに、現実と人間の心の中で感じていることや思っていることとの間に大きなギャップがあるというのだろう。

すべてがバラバラに見えてしまうこの世界がいけないのではなく、その奥にすべてが一つに繋がっているというリアリティを実感できないでいる、私たちの心の性質を気づきなさいといっているのだと思う。

では、心の何がその障害となっているのか?続きを読む
  • ライブドアブログ